• 美術館
    逃げ恥聖地!ラスコー展でクロマニョン人に会ってきた【国立科学博物館】
    2017年3月1日
  • 書評
    星野源「働く男」レビュー【書評】
    2017年5月3日
  • 生配信
    【生配信】私のバービーグッズを全部紹介する!
    2017年12月9日
  • 【あるある】寝落ちに顔面落下!読書あるあるやってみた!
    2017年12月11日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • 朗読
    【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
    2017年12月13日
  • レビュー
    【スタバ幻メニュー】激レア"コーヒー&クリームフラペチーノ"を飲んでみたよ!
    2017年12月12日
  • 書評
    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2017年12月31日

よその子のクリスマスがうらやましい!

ごきげんよう、ベルです。
今回は、クリスマスにまつわる詩の朗読をしました。

まだクリスマスが浸透していなかった時代。
近所のキリスト教徒の子供がクリスマスで盛り上がっている様子を見てしまい…

よろしければ、チャンネル登録をお願いします。

書籍情報

Kindle版(無料)

クリスマス

クリスマス

posted with amazlet at 17.12.21
(2012-10-07)

全文紹介

クリスマス
萩原朔太郎

クリスマスとは何ぞや
我が隣の子の羨ましきに
そが高き窓をのぞきたり。
飾れる部屋部屋
我が知らぬ西洋の怪しき玩具と
銀紙のかがやく星星。
我れにも欲しく
我が家にもクリスマスのあればよからん。
耶蘇教の家の羨ましく
風琴おるがんの唱歌する聲をききつつ
冬の夜幼なき眼めに涙ながしぬ。

底本:「萩原朔太郎全集 第三卷」筑摩書房
1977(昭和52)年5月30日初版第1刷発行
1986(昭和62)年12月10日補訂版第1刷発行

ちょこっと感想

今回は、「耶蘇教」なんていう聞きなれない言葉も出てきたのでテロップを付けてみました。

詩自体は子供が見るキラキラした世界への純粋な好奇心。
「よそはよそ!うちはうち!」の隣の芝は青い効果もあるのかな?

そして、動画内での感想でも少し触れましたが、萩原朔太郎が朝日新聞に寄せた「クリスマスの悲哀」と比較すると面白いです。
私には、今でいうハロウィンに物申す頑固オヤジみたいに見えてしまいました(笑)

「昔は良かった」「今の時代は…」というのはもう古代エジプとからの人間の習性みたいなので、なんだかクスッとしてしまいますね。
しかし、さすが萩原朔太郎。
クリスマスの賑わいについてきちんと考察を加え、悲哀を感じながらも容認していくところが素敵です。

まとめ

年々クリスマスムードに浸る期間が長くなっていると感じています。
だって11月から始まってません?
もう12月20日代に入ってしまうと、クリスマスも終わったような感覚さえするのはなぜでしょう。

きっとスーパーが正月のおせちの方を推すからです。
もう少し違うところで季節の移り変わりを感じたい。

それでは、ごきげんよう。

コメントを残す

朗読の関連記事
  • 【青空朗読】芥川龍之介"鬼ごつこ"の感想・解釈ーリアル人生鬼ごっこ!
  • 【青空朗読】或る忠告/太宰治の感想。アンチを皮肉るオチが秀逸!
  • 【朗読】クリスマス/萩原朔太郎(青空文庫)にクリぼっちが共感?
  • 【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
  • 【朗読】8歳女の子の投書に神回答!サンタクロースはいるんだ
  • 【朗読】報われないあなたへ!きのこ会議/夢野久作
おすすめの記事
Blog
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 エッセイを書いています。 目次1 おはようむずむず2 解説2.1 関連動画 おはようむず...