• 朗読
    【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
    2017年12月13日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • レビュー
    【スタバ幻メニュー】激レア"コーヒー&クリームフラペチーノ"を飲んでみたよ!
    2017年12月12日
  • 書評
    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2017年12月31日
  • 【あるある】寝落ちに顔面落下!読書あるあるやってみた!
    2017年12月11日
  • 美術館
    逃げ恥聖地!ラスコー展でクロマニョン人に会ってきた【国立科学博物館】
    2017年3月1日
  • 書評
    星野源「働く男」レビュー【書評】
    2017年5月3日
  • 生配信
    【生配信】私のバービーグッズを全部紹介する!
    2017年12月9日

ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。
 

 
エッセイを書いています。

革命が寝かせない

午前5時38分だった。
 
私が革命を目の当たりにしている間に刻んだ音を、デジタル画面は聞かせてくれない。
 
カーテンの隙間から漏れた光で、全てを悟った。
 
徹宵。
 
しかし、正直予測はしていた。
 
この先へ足を踏み入れたら、もう進むしか道はないだろうということは。
 
第八章 成功するユーチューバーの条件


私が生きる場所の真実が記されていた。
 
これをバイブルと呼ばずして、何と呼ぶ!
 
今この瞬間も革命が起きている!
 
果たして、私の運命は!
 
はやる気持ちが時の知覚をも飲みこんでしまったのだ。
 
"気づいたら朝"は、ままある現象である。
 
それは主に、現実逃避のために異世界へ耽溺したい私の弱さを見抜き、導くパワーを携えた著書が仕掛けてきた時に起きる。
 
しかし、今日は違った。
 
"当たる"占い師があなたの未来を水晶玉に映している様子を想像して欲しい。
 
私は、ぼけて揺れる映像を食らいつくように見ていた。
 
その結果としての、"気づいたら朝"だったらどうだ?
 
虚しさがなかった。
 
今だからこそ、自身の現実と向き合うために没頭できる勢いを確かめたい。
エッセイ:カップラーメンと背徳感
2018.3.26
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 エッセイを書いています。 カップラーメンと背徳感 風邪の治りかけに、カップラーメンを食べてしまった。 しかも、トムヤムクン味だ! 数時間後には夜ご飯だというのに、食べてしまった。 この後ろめたさがたまらなく旨い。 親から「身体に悪いから食...…

解説

魅力的な本に出会うとページをめくる手が止まらなくなる…って、読書あるあるだと思います。
 
丁度、今日読み終わった"YouTube革命"で味わったので、感想を記してみました。
 
詳細なレビューは動画にしますので、お楽しみに!
 

関連動画

徹夜以外にも読書あるあるは沢山!
 
よろしければ合わせてご覧ください。

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
 
それでは、ごきげんよう。

コメント一覧
  1. 萩原朔太郎 より:

    さすがに上手ですね。ビビッドな描写とリアリズム感とスピードがすばらしいです。

    • ベルりんの壁 ベルりんの壁 より:

      読んでいただいて、コメントまで!ありがとうございます。口頭とはまた違った良さを見せていきたいです^^

コメントを残す

関連キーワード
Blogの関連記事
  • エッセイ:おはようむずむず
  • エッセイ:コンサボファッションステージ
  • エッセイ:革命が寝かせない
  • エッセイ:カップラーメンと背徳感
  • エッセイ:回復魔法「フルーツ」
  • ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」キャッチコピーに賛否両論!私は大賛成!
おすすめの記事