• 書評
    小説なのに経済がわかる?おカネの教室/高井浩章【書評】
    2018年9月13日
  • 書評
    【書評】直木賞候補!セカオワSaoriの小説"ふたご"の感動セリフ集
    2018年1月17日
  • 書評
    母が恋しくなる心のサプリ本!うえを向いて、泣こう。/宇佐美 百合子【書評】
    2019年3月24日
  • 書評
    【あるある】カリスマ書店員による本屋のリアル・裏側エッセイ集!本屋の新井/新井見枝香【書評】
    2018年12月5日
  • 書評
    本屋大賞受賞!そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ【書評】
    2019年4月10日
  • 書評
    ツイッター小説!ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻【書評】
    2017年9月23日
  • 書評
    【雑誌付録】渋い!フェルメールパッカブルBIGトートバッグBOOKレビュー【書評】
    2018年11月23日
  • 書評
    【書評】ノーベル文学賞!ありそうで怖い…わたしを離さないで/カズオ・イシグロ
    2017年11月30日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • 書評
    今読みたい!あなたもスマホに殺される/志駕晃【書評】
    2019年2月27日
  • 書評
    重すぎ!「沈黙」の感想をベラベラと【書評】
    2017年4月11日
  • 書評
    大どんでん返し!この闇と光/服部まゆみ【書評】
    2017年2月25日

ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。
 

 
エッセイを書いています。

カップラーメンと背徳感

風邪の治りかけに、カップラーメンを食べてしまった。
 

 
しかも、トムヤムクン味だ!
 
数時間後には夜ご飯だというのに、食べてしまった。
 
この後ろめたさがたまらなく旨い。
 
親から「身体に悪いから食べてはいけない」と口酸っぱく言われているのに、駄菓子屋さんの前でブタメンを一杯。
 
深夜に現れる頭の黒い鼠になって、ダイエット中に一杯。
 
背徳感をスープに混ぜて、飲み干す。
 
これが、カップラーメンの正しい食べ方だ。
 
カップラーメンは、いつでもパンドラの箱でなければならない。
 
蓋を開けても"希望"だけは死守せよ。
 
安い、楽の慣れは、伸び切った麺と同様、これほどまずいものはない。

エッセイ:回復魔法「フルーツ」
2018.3.25
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 久しぶりにブログを更新します。エッセイ風です。 回復魔法「フルーツ」 まだ6歳か7歳の頃だったと思う。 朝起きて食卓を見ると、そこにはなぜか、白いお皿に一切れのメロンが置いてあった。 いつもは"ご飯に味噌汁"、あるいは"パンに目玉焼き"といった...…

解説

久しぶりにカップラーメンを食べました。
 
無性に食べたくなる時ってありますよね。
 
でも、たまに食べるから良いのであって…というよくある感想を文章にしてみました。
 
慣れはワクワクを奪います。
 
私はいつでもワクワクしていたい!
 
記事のアイキャッチ画像は、以前カップヌードルミュージアムに行った時の写真です。
 
随分前の低クオリティー動画ですが、ミュージアム好きは新しい体験にワクワクしています。
 
よろしければご覧ください!
 

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
 
それでは、ごきげんよう。

関連キーワード
Blogの関連記事
  • エッセイ:おはようむずむず
  • エッセイ:コンサボファッションステージ
  • エッセイ:革命が寝かせない
  • エッセイ:カップラーメンと背徳感
  • エッセイ:回復魔法「フルーツ」
  • ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」キャッチコピーに賛否両論!私は大賛成!
おすすめの記事
Blog
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 エッセイを書いています。 目次1 革命が寝かせない2 解説2.1 関連動画 革命が寝かせ...