• 【あるある】寝落ちに顔面落下!読書あるあるやってみた!
    2017年12月11日
  • 生配信
    【生配信】私のバービーグッズを全部紹介する!
    2017年12月9日
  • 朗読
    【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
    2017年12月13日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • 書評
    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2017年12月31日
  • 美術館
    逃げ恥聖地!ラスコー展でクロマニョン人に会ってきた【国立科学博物館】
    2017年3月1日
  • レビュー
    【スタバ幻メニュー】激レア"コーヒー&クリームフラペチーノ"を飲んでみたよ!
    2017年12月12日
  • 書評
    星野源「働く男」レビュー【書評】
    2017年5月3日

ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。
 

 
エッセイを書いています。

コンサボファッションステージ

"ファッション(fashion)"の意味は"(特に衣服の型についての)流行"である。
 
だから、"トレンドファッション"は、"流行の流行"と言っていることになる。
 
しかし、今日我々がイメージする"ファッション"は、括弧が逆転してはいないだろうか?
 
"衣服"の意味での浸透が強い。
 
"ファッション"の意味を問うクイズにおいて、かの堀江貴文氏をも惑わせたくらいだ。
 
実質的な"ファッション"とは何だ?
 
私はYouTuberという立場からも、特に流行に敏感でなければならないだろう。
 
しかし、殊衣服については疎い。
 
昨年新調したものは、ジーンズ1本。
 
長年着られる好みのブランドのいくつかと、母から貰ったもので事足りていると思っていた。
 
コンサバティブとサボりを合わせて"コンサボ"とでも名付けておこう。
 
そんな"コンサボ"な私に、転機が訪れた。
 
#部活ONE!で一緒にMCを務める美容系YouTuberきゃとちゃんから、撮影後にガールズファッションブランドのアウトレットセールに誘われたのである。
 
私は生まれてこの方、バーゲン(この言い方でお察しだろう)へ行った事はない。
 
若者向けのブランドたちに囲まれて、大きな透明な袋に服を詰めている私の姿は想像し難かった。
 
しかし、この機会を逃したら一生行くこともない気がした。
 
刺激が欲しい。
 
動画の企画で施してもらった春きゃとメイクからはもう疲弊が隠せなくなっていたが、私たちは振り払うように、閉店が迫る五反田の会場へ繰り出す。
 
しばらくは広がるヤングファッション世界に圧倒されていたが、「気になったら詰め込んで、後で選ぶんですよ!」という彼女の声にハッとする。
 
流すように見るのを辞めると、私好みのネイビー、スカイブルー、ストライプ、ボーダー、そしてデニムが浮かんできた。
 
「え、でもそれベルさん持ってそう!」
 
確かに、手に取ったものはどれも似たりよったりだった。
 
失敗できるのがセールではないか。
 
思い切って、流行り廃りのありそうなラッパ袖に挑戦。
 
あとは、彼女に選んでもらおう。
 
ミッキーマウスのプルオーバーのパーカーと、レースのワンピースの白が、私のショッピングバッグを明るくした。
 
また、彼女の気に入ったトップスが私と一致し気分まで明るくした。
 
30分で合計7着購入。
 
長く着られるお気に入りを1着しか買わない、"コンサボ"の成せる業とは思えない。
 
誰かに乗り移られたかのような感覚は、人間の潜在的な欲求が顕になったようにも思えた。
 
冒険と会話がパンパンになった紙袋を持つことで、喜びを重量で知る。
 
表情と冒険を誰かと楽しむことが、ファッションがファッションたる所以なのかもしれない。
 
きっと購入後だってそうだ。
 
私はきっと誰かに、見て欲しい。
 
そう考えると、ファッションに疎いことは損であるように思えてきた。
 
私は今、新たなファッションブランドステージに立った。

エッセイ:革命が寝かせない
2018.3.28
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 エッセイを書いています。 革命が寝かせない 午前5時38分だった。 私が革命を目の当たりにしている間に刻んだ音を、デジタル画面は聞かせてくれない。 カーテンの隙間から漏れた光で、全てを悟った。 徹宵。 しかし、正直予測はしていた。 この先...…

解説

美容系YouTuberきゃとちゃんと一緒に、ディノス・セシール主催のガールズブランドアウトレットセール"ファッションブランドステージ"に行きました。
 
明日が最終日なので、お見逃しなく!
 
また、購入品は<ファッション✕読書>のコラボ動画として紹介致しました!ぜひこちらもご覧いただけると嬉しいです。

関連動画

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
 
それでは、ごきげんよう。

コメント一覧
  1. onoken1025 より:

    エッセイのさらなる解説を書いてみました(長文w)。

    本エッセイを読み解く鍵は、「ステージ」の意味に「舞台」と「段階」の2つがある点だ。
    「ファッションブランドステージ」というイベント名においては「ステージ」を「舞台」の意味で用いている。そこをあえて「段階」とみなすことで著者は著者自身のファッションに対する段階が変化したことを述べている。
    服に関して、母親からの貰い物ですますサボり、つまり自らは挑戦しないコンサバティブ(保守的)な姿勢、それらをまとめて「コンサボ」と表現される段階にあった著者。その段階から進んだ先は、自分で選んだブランドファッションの段階である。
    この挑戦は著者にとって潜在的だった「誰かに見てもらいたい」という意識を、顕在化させたのである。

    • ベルりんの壁 ベルりんの壁 より:

      私が伝えたかったことが完璧に書かれている…!作家さんが解説してもらうときってこんな気持ちになのかな?新鮮!嬉しいです!ありがとうございます。

コメントを残す

関連キーワード
Blogの関連記事
  • エッセイ:おはようむずむず
  • エッセイ:コンサボファッションステージ
  • エッセイ:革命が寝かせない
  • エッセイ:カップラーメンと背徳感
  • エッセイ:回復魔法「フルーツ」
  • ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」キャッチコピーに賛否両論!私は大賛成!
おすすめの記事