• 書評
    村上春樹訳の『ライ麦畑でつかまえて』キャッチャー・イン・ザ・ライ/J.D.サリンジャー【書評】
    2019年2月1日
  • 書評
    ベル大注目の中学生作家!14歳、明日の時間割/鈴木るりか【書評】
    2018年12月12日
  • 書評
    【雑誌付録】渋い!フェルメールパッカブルBIGトートバッグBOOKレビュー【書評】
    2018年11月23日
  • 書評
    本屋大賞受賞!そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ【書評】
    2019年4月10日
  • 書評
    【書評】ぶっちゃけどうなの?革命のファンファーレ現代のお金と広告/キンコン西野亮廣
    2017年12月4日
  • 書評
    【書評】元カレがさぁ…今からあなたを脅迫します/藤石波矢
    2017年10月23日
  • 書評
    本当の黒幕は…?仮面病棟/知念実希人【書評】
    2017年9月6日
  • 書評
    ツイッター小説!ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻【書評】
    2017年9月23日
  • 書評
    イマドキJKの裏側公開!青い春を数えて/武田綾乃【書評】
    2018年11月20日
  • 書評
    小学生でもわかる!?上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門【書評】
    2019年2月21日
  • 書評
    ネガティブ集合!ドロドロで感動?望郷/湊かなえ【書評】
    2017年10月8日
  • 書評
    【書評】君の膵臓をたべたい/住野よるで号泣した!あらすじ感想
    2017年8月16日

"いつも何度でも"をピアノで弾いてみた

ごきげんよう、文学YouTuber"ベルりんの壁"のベルです。
 
ジブリ映画"千と千尋の神隠し"より、"いつも何度でも"をピアノで弾いてみました。

よろしければチャンネル登録をお願いします!

"千と千尋の神隠し"への想い

<ストーリー>
ひ弱で不機嫌な少女、千尋は現代に生きる普通の女の子。両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込んだ。店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿を変えられてしまう。ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆の下で働き始める。千尋は湯屋「油屋」の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、謎の少年ハクや先輩のリン、釜爺らの助けを借りて、厳しい難局に立ち向かっていく。はたして千尋は元の世界に帰れるのか……?

"千と千尋の神隠し"といえば、日本歴代興行収入が300億円を超え、現在も不動の1位を誇る名作中の名作です。
 
当時は皆足並みを揃えて映画館に訪れていた記憶があります。
 
私が映画を見て一番印象的だったのは、豚になってしまった自分の両親を当てる最後のクイズシーンです。
 
千は見事クイズに正解するのですが、物語中ではなぜ当てることができたのかのネタばらしはありません。
 
不思議に思った方もいらっしゃるでしょう。
 
色々な解釈の余地を残していると思うのですが、私は、千尋の"成長"が正解を導いたと考えています。
 
人は多くの経験を積むことによって、物事を俯瞰的に見ることができるようになったり、大局的に考えられるようになったりします。
 
これを"成長"と呼んでみますね。
 
千尋は湯屋で沢山の経験をし、"成長"を遂げました。
 
今までとは異なる物の見方、感じ方ができるようになり、新しい世界を見ることができた…その結果、クイズを当てることができたのではないでしょうか。
 
同シーンは、"少女の成長"のメタファー
 
千尋が宮﨑駿の想いを届けるメッセンジャーにも見える作品だと思いました。

"いつも何度でも"への想い


歌手の木村弓さんがライアー(竪琴)の音色に乗せて歌う主題歌"いつも何度でも"。
 
3/4拍子のワルツのリズムが心地良く、彼女の歌声と共に心が震えます。
 
そして、蘇るあのシーンやあのシーン…
 
私は、唯一行ったことのある海外が台湾なのですが、千と千尋の神隠しのモデルと言われていた"九份"にも訪れたことがあります。
 
夜に浮かぶ提灯に囲まれ、狭い階段を登っている時にも"いつも何度でも"が頭に流れていました。
 
特に好きな歌詞があります。

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう
 
かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

少し心が忙しい時に言葉をなぞってしまったら、ほろりと涙が出てきてしまいそうではないですか。
 
私はいつも何度でも夢を描いていきます。
 
そんな想いの詰まった映画と主題歌だから、一体になりたくて、ピアノに全てを込めてみました。

まとめ

今、私が小学生の時にずっと習っていた大好きなピアノの先生がジブリのファンだったことを思い出しました。
 
先生は「"千と千尋"を3回観に行ってしまったの」と優しくパンフレットを広げていますーー
 

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
 
それでは、ごきげんよう

関連キーワード
ピアノ, 音楽の関連記事
  • 【ピアノ】エルトン・ジョンの『ユア・ソング』を弾いてみた【カバー】
  • オー・ハッピー・デイ(ピアノ) 映画「天使にラブソングを2」
  • ハナミズキ/一青窈をピアノで弾いてみた(ちょっと弾き語り)
  • カントリー・ロード『耳をすませば』ピアノで弾き語りしてみた
  • 【ピアノ】千と千尋の神隠しの"いつも何度でも"をピアノで弾いてみた
  • 君をのせて『天空の城ラピュタ』ピアノで弾いてみた(ちょっと弾き語り)
おすすめの記事