• レビュー
    【スタバ幻メニュー】激レア"コーヒー&クリームフラペチーノ"を飲んでみたよ!
    2017年12月12日
  • 朗読
    【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
    2017年12月13日
  • 書評
    星野源「働く男」レビュー【書評】
    2017年5月3日
  • 書評
    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2017年12月31日
  • 生配信
    【生配信】私のバービーグッズを全部紹介する!
    2017年12月9日
  • 【あるある】寝落ちに顔面落下!読書あるあるやってみた!
    2017年12月11日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • 美術館
    逃げ恥聖地!ラスコー展でクロマニョン人に会ってきた【国立科学博物館】
    2017年3月1日

最低。書評(ネタバレなし)

ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。
今回は、現役人気AV女優"紗倉まな"さんの小説デビュー作を書評しました。
※ネタバレなし

よろしければ、チャンネル登録をお願いします。

最低。書評(ネタバレあり)

動画ではネタバレなしでお送りしましたので、ここではネタバレを含め、全4話収録の連作短編を1話ずつ振り返ってみますね。

あらすじーAV出演歴のある母親を憎む少女、あやこ。家族に黙って活動を続ける人気AV女優、彩乃。愛する男とともに上京したススキノの女、桃子。夫のAVを見て出演を決意した専業主婦、美穂―。4人の女優を巡る連作短編小説。現役人気AV女優、紗倉まなの小説デビュー作。

内容は全体に色香が漂い、女性の切なさ・孤独感といった繊細な部分をえぐりとっていきます。
※ここからネタバレあり

1章 彩乃

家族に黙って活動を続ける AV女優

あらすじ

働く環境に不満はなく、違法なことをしているわけでもない。
自らの長所を存分に活かしているだけ。
なのになぜ親は泣き、職業記入欄には"OL"と書かなければならないのか。

そんな日常に晒されながら、ある日彩乃は隠れ家的なバーへ立ち寄る。
そこには1人で飲む日比野という男性がー

「ひさしぶりの、恋だった。」

感想

AV女優という職業イメージにおける世間との乖離がテーマでしょう。

紗倉まなさんのリアルな体験談が組み込まれた"業界あるある"だろうと想像つきます。
寂しくて、沢山の葛藤を抱えている人が多いんだろうな。
だから理解者が現れる兆しはとても眩しく見えるだろうし、大切にしたいし、でも今にも消えてしまいそうな壊れやすさがありますね。

誰もが持っている心の隙間を見せてくる作品だと感じました。

2章 桃子

愛する男とともに上京したススキノの女

あらすじ

失業し、北海道へ慰安旅行中の石村は、福渡という男からAVプロダクションの立ち上げを提案される。
まだ事務所というものが確立されていない時代だった。

一人目の所属女優は福渡がススキノから連れてきた"桃子"。
愛嬌のある彼女に惚れ込み、共に暮らすことになった。
しかし、高齢の両親へ仕送りする桃子を見ていると、恋人にAV女優をさせていることについての疑問も持ち始める。

「これ、使ってほしい」封筒を取り出した。

「そういうことじゃ、ないの」

感想

語り手は石村であり、主人公と言っても良いかもしれません。
石村は、1章の彩乃が所属するプロダクションの経営者でもあります。
今ややり手の石村の黎明期を支えた桃子のお話です。

"職業が愛し方を邪魔をしている"様を感じました。
会社も恋愛も、二人で優しく積み上げてきたもの。
それが、ゆらゆら揺れていきます。

3章 美穂

夫が所持するAVを見て応募した妻

あらすじ

専業主婦の美穂、夫の健太の関係は事実上破綻している。
美穂が誘っても健太は応じない。
彼は子供を育てるのが面倒で、離婚するのも面倒で、1日にいくつかの会話を交わして家事をして過ぎていく日々。
そんな中、自由奔放に生きる妹の美沙がちらつく。

刺激が欲しい。

ある日、 健太が寝ている部屋へ忍び込み、所持品を物色していると、1本のAVを発見。
「私に似ている。」

初めての撮影にて、

ーブルガリの、プールオムだ。
健太と付き合った当初、彼がつけていた香水だった。
懐かしさの理由がわかったときにはもう、男の肌についた微量の香水も、すでにとれていた。

感想

美穂が訪ねたAV事務所も石村経営です。
専業主婦のリアルなフラストレーションが描かれていました。
自分の女としての価値を知るためにAVの門戸を叩くということもあるんですね。
一番"イケナイ"ものを見ている感覚がありました。

4章 あやこ

元AV女優の母親を憎む少女

あらすじ

あやこは、適当に生き、何も続かない母親の元に生まれた。
5歳の時には母の実家へ戻り、祖母と共に暮らすことになる。

手がかからない聡明な美人な中学生に育ったあやこ。
彼女は、得意の絵で賞をとる。
しかし、注目を浴びたのは、母がAV女優だったということ。
加えて父親は男優という噂まで。

私はいんらんな女の娘なのだろうか。

ある日、父親と名乗るものから電話がかかる。
憧れの西洋美術館へ行くことになるのだが…

それでも、進まなくちゃいけない。

感想

他の章とのつながりがあったか、忘れてしまいました。
"あやこ"自体はAV女優でないところが他とは違う感じが出ていますね。

喜怒哀楽を出さず、淡々とした態度のあやこですが、その中にある孤独な気持ちがよく伝わりました。
登場する父母はそろって勝手。
ただあんまりイライラこないところが不思議です。

彼女はこれからどのような人生を歩むのでしょうか?
とても気になる終わり方でした。

最低。は"2018年おすすめ本"にもランクインしています!
ぜひ、こちらの記事も確認してみてください。

2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
2018.1.30
ノーベル賞、芥川賞、映画化作品まで! ごきげんよう、文学YouTuber"ベルりんの壁"のベルです。 2017年は沢山の本を書評しました。 その数全部で20冊! そこで、読んだ本を"面白かった"を基準にランキング形式で総まとめしました。 (※独断と偏見です。) 2018年に読んで欲しいおすすめ...…

まとめ

4人の女性とAVの関係を繊細に儚さを伴って描いていく作品でした。
テーマのインパクトが強いですが、その枠を越え、特に女性の共感を呼ぶものであったと思います。

短編集ですし、夜寝る前少し読み進めるのに適しているのではないでしょうか。
心にぽっかり穴がある方にすーっと入っていくような…。

なお、11月に映画化された作品ではこの4作を全て絡めているようです。
お察し、R15。
ちなみに私の書評動画は、年齢制限はありません(笑)

ぜひみなさんのご視聴・コメントお待ちしております!

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!

それでは、ごきげんよう。

コメントを残す

関連キーワード
書評, の関連記事
  • 新社会人・就活生におすすめのビジネス本3選!【本の紹介】
  • 【書評】鈴木るりか著|さよなら、田中さん「いつかどこかで」ネタバレ感想
  • 【書評】直木賞候補!セカオワSaoriの小説"ふたご"の感動セリフ集
  • 2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
  • 【書評】紗倉まなの小説「最低。」が最高だった!あらすじ感想
  • 【書評】はあちゅうの小説「通りすがりのあなた」これは恋愛?友情?
おすすめの記事