• レビュー
    【スタバ幻メニュー】激レア"コーヒー&クリームフラペチーノ"を飲んでみたよ!
    2017年12月12日
  • 【あるある】寝落ちに顔面落下!読書あるあるやってみた!
    2017年12月11日
  • 書評
    星野源「働く男」レビュー【書評】
    2017年5月3日
  • 書評
    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2017年12月31日
  • 朗読
    【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
    2017年12月13日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • 美術館
    逃げ恥聖地!ラスコー展でクロマニョン人に会ってきた【国立科学博物館】
    2017年3月1日
  • 生配信
    【生配信】私のバービーグッズを全部紹介する!
    2017年12月9日

ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。
 

 
エッセイを書いています。

おはようむずむず

最近、「おはようございます」が多い。
 
もちろん、"とくダネ!"の小倉さんの挨拶を延々ループしているわけじゃない。
 
撮影スタジオに行くと、「こん…」
 
「おはようございます!」
 
出演者とスタッフの条件反射的な言葉の流れ。
 
先日、初めて音楽スタジオに行った時もそうだ。
 
入店すると、開口一番
 
「おはようございます。」
 
「いらっしゃいませ」が消える場所があったとは。
 
もしかすると、私が"業界人になったみたいだ"と感想をもらすことを予想しているかもしれないが、そうではない。
 
むしろ、"コンビニバイトをしている大学生"のように思えたのだ。
 
確かに便利ではある。
 
まず、敬語っぽい。
 
そして、時間に決まりがなく、人の入れ替わりが多い場所であれば、いつ誰が起きたばかりかわからない。
 
相手に配慮し、"何かを始めること=おはよう"と捉えるのも納得だ。
 
言葉は変化する。
 
なのに、時計の針が12から進んで離れるほど、むずむず。
 
自身の口から滑っていかない。
 
それがなんだか楽しくて、むずむずを大事にしても、良さそうだなって。
 

エッセイ:コンサボファッションステージ
2018.4.10
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 エッセイを書いています。 コンサボファッションステージ "ファッション(fashion)"の意味は"(特に衣服の型についての)流行"である。 だから、"トレンドファッション"は、"流行の流行"と言っていることになる。 しかし、今日我々がイメージ...…

解説

「おはようございます」 に覚える違和感を、新しい環境の、まだ慣れない楽しさと重ねて書いてみました。

関連動画

例の音楽スタジオで撮影した動画です。
アコースティックギターに乗せて歌っています。よろしければ合わせてご覧いただけると嬉しいです!
 

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
 
それでは、ごきげんよう。

コメント一覧
  1. 琥珀 より:

    そのムズムズ大事です。
    しかもそれを愉しむって向きに持っていくのがやはり只者じゃない

コメントを残す

関連キーワード
Blogの関連記事
  • エッセイ:おはようむずむず
  • エッセイ:コンサボファッションステージ
  • エッセイ:革命が寝かせない
  • エッセイ:カップラーメンと背徳感
  • エッセイ:回復魔法「フルーツ」
  • ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」キャッチコピーに賛否両論!私は大賛成!
おすすめの記事