• 書評
    【SF】人間の基準って?“彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?”/森博嗣【書評】
    2018年12月9日
  • 書評
    【書評】元カレがさぁ…今からあなたを脅迫します/藤石波矢
    2017年10月23日
  • 書評
    【書評】女子大生の日記を覗き見!ナラタージュ/島本理生
    2017年10月15日
  • 書評
    「ある男」の正体が衝撃的すぎた…【平野啓一郎/書評】
    2018年10月18日
  • 書評
    今読みたい!あなたもスマホに殺される/志駕晃【書評】
    2019年2月27日
  • 書評
    村上春樹訳の『ライ麦畑でつかまえて』キャッチャー・イン・ザ・ライ/J.D.サリンジャー【書評】
    2019年2月1日
  • 書評
    【雑誌付録】渋い!フェルメールパッカブルBIGトートバッグBOOKレビュー【書評】
    2018年11月23日
  • 書評
    【書評】はあちゅうの小説「通りすがりのあなた」これは恋愛?友情?
    2017年12月20日
  • 書評
    【あるある】カリスマ書店員による本屋のリアル・裏側エッセイ集!本屋の新井/新井見枝香【書評】
    2018年12月5日
  • 書評
    本屋大賞受賞!そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ【書評】
    2019年4月10日
  • 書評
    【書評】直木賞候補!セカオワSaoriの小説"ふたご"の感動セリフ集
    2018年1月17日
  • 書評
    ネガティブ集合!ドロドロで感動?望郷/湊かなえ【書評】
    2017年10月8日

ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。
 

 
エッセイを書いています。

おはようむずむず

最近、「おはようございます」が多い。
 
もちろん、"とくダネ!"の小倉さんの挨拶を延々ループしているわけじゃない。
 
撮影スタジオに行くと、「こん…」
 
「おはようございます!」
 
出演者とスタッフの条件反射的な言葉の流れ。
 
先日、初めて音楽スタジオに行った時もそうだ。
 
入店すると、開口一番
 
「おはようございます。」
 
「いらっしゃいませ」が消える場所があったとは。
 
もしかすると、私が"業界人になったみたいだ"と感想をもらすことを予想しているかもしれないが、そうではない。
 
むしろ、"コンビニバイトをしている大学生"のように思えたのだ。
 
確かに便利ではある。
 
まず、敬語っぽい。
 
そして、時間に決まりがなく、人の入れ替わりが多い場所であれば、いつ誰が起きたばかりかわからない。
 
相手に配慮し、"何かを始めること=おはよう"と捉えるのも納得だ。
 
言葉は変化する。
 
なのに、時計の針が12から進んで離れるほど、むずむず。
 
自身の口から滑っていかない。
 
それがなんだか楽しくて、むずむずを大事にしても、良さそうだなって。
 

エッセイ:コンサボファッションステージ
2018.4.10
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 エッセイを書いています。 コンサボファッションステージ "ファッション(fashion)"の意味は"(特に衣服の型についての)流行"である。 だから、"トレンドファッション"は、"流行の流行"と言っていることになる。 しかし、今日我々がイメージ...…

解説

「おはようございます」 に覚える違和感を、新しい環境の、まだ慣れない楽しさと重ねて書いてみました。

関連動画

例の音楽スタジオで撮影した動画です。
アコースティックギターに乗せて歌っています。よろしければ合わせてご覧いただけると嬉しいです!
 

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
 
それでは、ごきげんよう。

関連キーワード
Blogの関連記事
  • エッセイ:おはようむずむず
  • エッセイ:コンサボファッションステージ
  • エッセイ:革命が寝かせない
  • エッセイ:カップラーメンと背徳感
  • エッセイ:回復魔法「フルーツ」
  • ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」キャッチコピーに賛否両論!私は大賛成!
おすすめの記事
活動・実績
「読みたいトコだけ買える本。」電子書店の‎犬耳書店と動画コラボをしました。恋愛テクニック本の内容を寸劇で楽しめる内容にしています。 <動画>...