• レビュー
    【スタバ幻メニュー】激レア”コーヒー&クリームフラペチーノ”を飲んでみたよ!
    2017年12月12日
  • 朗読
    【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
    2017年12月13日
  • 書評
    星野源「働く男」レビュー【書評】
    2017年5月3日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • 書評
    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2017年12月31日
  • 【あるある】寝落ちに顔面落下!読書あるあるやってみた!
    2017年12月11日
  • 生配信
    【生配信】私のバービーグッズを全部紹介する!
    2017年12月9日
  • 美術館
    逃げ恥聖地!ラスコー展でクロマニョン人に会ってきた【国立科学博物館】
    2017年3月1日

キミスイ書評(ネタバレなし)

ごきげんよう、文学YouTuber”ベルりんの壁”のベルです。

 

大ヒット恋愛青春小説”キミスイ”こと”君の膵臓をたべたい”を読了しました。
 
書評動画の再生数はなんと1万4,000回を超ました!(2018年1月6日現在)
ぜひご覧ください。
 
※ネタバレなし

よろしければ、チャンネル登録をお願いします。

キミスイ書評(ネタバレあり)

動画ではネタバレなしでお送りしましたので、ここではネタバレを含めた私の気になったポイント・感想を綴っていきます。

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。
全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

※ここからネタバレあり

劇的すぎた!

 

偶然の出会い、ファンタジーな病気、元彼騒動、旅行・飲酒の実現、ホテルの不備、最期の通り魔と超絶ドラマチックな展開です。
 
全くあきない!
 
…代わりに、リアリティからは離れていきます。
ご都合主義が見え隠れすると、少し遠い目線から読むようになってしまいました。
 

特に通り魔は伏線もあったけれど、交通事故くらいでも…とかね。

 

しかし、

  • 人はいつ死ぬかわからない
  • 運命と呼ばれるものは実は自身の選択だ
  • という大きなテーマを強調するための手法だったのではないかと思います。

     

    実際私も号泣してしまいましたよ…
    遺書のシーンは涙が止まらない止まらない。
     
    家で読んでいて良かったです。

     

    以上からも、映像化の方が似合っている気がしますね。
    映画も大成功ですし、私は特にアニメで観てみたい欲が強いです。
     
    2018年のアニメ映画に期待大!

    君の名に納得

    終盤まで明かされることのない主人公の名前。
    ただし、”小説家っぽい名前”というヒントで考えを巡らせました。
     
    これはキミスイの楽しみ方の一つですね。
     
    結果、主人公の僕の名前は“志賀春樹”でした。
     
    そして、私は下の名前に大いに納得します。
     
    なぜなら、作中の言い回しが村上春樹をリスペクトしていると思ったからです。
     
    1つの動作や会話にたどり着くまで、言葉で遊ばせる感じとでも言いましょうか。
    似ているような気がしました。
     
    ちなみに志賀直哉については読んだことないので考察できなくて申し訳ないです。

     
    私は一度読んだ本を読み返すことは基本的にありません。
     
    しかし、僕の名前を意識して、桜良目線で再度読んでみると面白いかもしれないと思いました。
     
    見落としているメタファーが落ちている気がします。

     

    星の王子さまはどこ?

     

    名前のせいか文学少年の”僕”ですが、おそらく唯一出てきたであろう文学のタイトルは、“星の王子さま”

    桜良から借りたという”意味のある”本です。
    私も読んだことがあったため、どんな要素を組み込んでくるのか楽しみにしていました。
     
    しかし、自己完結王子”という言い回しは出てきたような気がするものの、最終的には読まずに終わったのか?空気になってしまいました。
     
    嗚呼、まさに自己完結!
     
    まったく、桜良が珍しく読んだことある本なんだからちゃんと読んであげてよね!笑

     

    こういう”僕”の所作に「鈍感」「絶対モテない」「察せない」「面倒くさい」と思いまくるのですが、見離せないキャラクターなんですよね。
     
    “君の膵臓をたべたい”は“2018年おすすめ本”にもランクインしています!
    ぜひ、こちらの記事も確認してみてください。

    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2019.4.5
    ノーベル賞、芥川賞、映画化作品まで! ごきげんよう、文学YouTuber"ベルりんの壁"のベルです。 2017年は沢山の本を書評しました。 その数全部で20冊! そこで、読んだ本を"面白かった"を基準にランキング形式で総まとめしました。 (※独断と偏見です。) 2018年に読んで欲しいおすすめ...…

    -まとめ-やっぱり良作


    斜に構えていても変えられるチャンスが回ってくる系のお話は好き嫌いが別れると思います。
    文章力や粗さも色々言われているみたいですが、
     
    これ、処女作ですよ?
     
    それでここまで社会現象を起こせるのって本当に素晴らしいことです。
     
    読書離れの若者の心をつかみ、あれあよあれよと映画化、漫画化、アニメ化です。
     
    もしかすると作者は自分の思いを伝播する上で、まずは一人で始められる小説を選んだだけかもしれないですよね。

     

    YouTubeにも通じると思うのですが、いくら画質や編集をよくしたってコンテンツ力がないと流行りません。
    そして引きつけるタイトル!
     
    バズり力がありますから、あとは自ずとついてくる経験だけじゃないですか!
     
    今後も楽しみですね。
     
    春に向けてぴったりの作品。
    サクラ咲ケ!

    ぜひ、”ベルりんの壁”の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

    コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
    それでは、ごきげんよう。

    関連キーワード
    書評, の関連記事
    • アウトプット大全を書評&実践してみたよ!
    • ドラゴン堀江の文系講師が勉強のモチベを上げる本を3冊選んでくれたぞ!
    • 蜜蜂と遠雷/恩田陸を情熱的に書評しました!天才ピアニストたちの話だよ!
    • 本屋大賞受賞!そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ【書評】
    • 【ビジネス書5選】令和までに読んでおきたい!新しい価値観をインプットするおすすめ本
    • 【もっちゃんコラボ】東大卒女子YouTuberおすすめ本3選!
    おすすめの記事
    活動・実績
    『スマホを落としただけなのに』シリーズの著者 志駕晃さんの『あなたもスマホに殺される』を発売日同時書評しました。“SNSミステリ”というジャ...
    Blog
    ごきげんよう、ベルです。 久しぶりのブログ更新です。 動画を更新できていないと文章を書きたくなるという性質があります 笑 そういえば、私はア...