• 【あるある】寝落ちに顔面落下!読書あるあるやってみた!
    2017年12月11日
  • 書評
    2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
    2017年12月31日
  • レビュー
    【スタバ幻メニュー】激レア"コーヒー&クリームフラペチーノ"を飲んでみたよ!
    2017年12月12日
  • 書評
    星野源「働く男」レビュー【書評】
    2017年5月3日
  • 美術館
    逃げ恥聖地!ラスコー展でクロマニョン人に会ってきた【国立科学博物館】
    2017年3月1日
  • 書評
    東野圭吾がファンタジー?ナミヤ雑貨店の奇蹟【書評】
    2017年9月30日
  • 生配信
    【生配信】私のバービーグッズを全部紹介する!
    2017年12月9日
  • 朗読
    【朗読】クリスマスの贈物/竹久夢二 プレゼントを欲張った女の子の話!
    2017年12月13日
新社会人・就活生におすすめのビジネス本3選

ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。
 
読書が好きで、YouTubeで書評動画を更新しています。
 

 
また、文章を書くことも好きで、ブログを楽しく更新中です!
 
さて今回は、私の"新社会人おすすめビジネス本3選"を紹介します。
 
選んだ基準は、"読んだことのあるビジネス系の書籍の中から、社会人1年目の人がすぐ読めて、ためになるもの"です。
 
就活生インターン生の方も、ぜひ参考にしてみてください。
 
なお、私は"自称JK"で活動していますが、ところどころ経験談のように語るのは、想像力が豊かなだけだと思っていただければ嬉しいです(笑)

岩瀬大輔 | 入社1年目の教科書

1冊目は、岩瀬大輔(著)"入社1年目の教科書"です。

新社会人や就活生にはマストな1冊!
 
ライフネット生命の代表取締役社長が、新入社員が仕事を進める上で大切な"仕事の3つの原則"と具体的な"50の行動指針"を伝授してくれます。
 
入社前に一読しておくと、社会人になることへの心構えができ、良いスタートダッシュが切れると思います。
 
また、入社後にもこの本は活躍します!
 
入社直後はわからないこと、慣れないことばかりな上に、周りはやる気満々で自信を喪失することもあると思います。
 
そんな時はぜひ、本著の目次にある1項目を1日の目標にしてみてください。
 
例えば、1日目「何があっても遅刻するな」、2日目「メールは24時間以内に返信!」といった具合にです。
 
"当たり前じゃん!"と思うかもしれませんが、この"当たり前"をできる人って意外に少ない気がしています。
 
初期段階で意識することは、あなたが思い描く"理想の社会人"への近道につながるのではないでしょうか。
 
また、中には難しい目標もあるかもしれませんが、どれもシンプルですから、繰り返し挑戦すればクリアできると思います。
 
もし達成できなかったとしても、自分との内なる戦いです。
 
周りと比較されることはないため、ストレスにはなりにくいでしょう。
 
あのライフネット生命の社長が示した行動指針を毎日取り組み、達成していることは自信に繋がること請け合い!
 
社会人というものをすっきり前向きにとらえられる著書です。

林修 | 今やる人になる40の習慣

2冊目は、林修(著)"今やる人になる40の習慣"です。

「いつやるか?」
 
「今でしょ!」
 
「やる」「やりたい」と言ったのに、ついつい後回しになってしまう口だけ星人にプレゼント!
 
新社会人に必要なものはスキルじゃない!とはよく言うものの、実際必要なものって何でしょう?
 
私は、"素直さとスピード"だと思います。
 
本著は、これらを携えた「今やる人」になるための40の習慣が、1つずつ簡潔に説明されています。
 
新社会人のみなさんは、直前まで学生であることが多いですよね。
 
今までビジネス書や自己啓発書は読んでこなかったという方には、予備校講師の林先生のお言葉ならすっと入ってくるのではないかと思い選びました。
 
なお、本著は社会人1年目用の本というわけではありません。
 
具体的なノウハウ以外にも、メンタル面のコントロールや社会人しての世界をどういう見方でとらえるかといった自己啓発の部分も含まれています。
 
他のイケイケ系に比べ優しさ成分強めなので、例えば公務員や事務職に就く方などにもおすすめです。
 
予備校業界・テレビで活躍されている林先生の仕事論が見られる貴重な一冊だと思います。

堀江貴文著 | ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく

3冊目は、堀江貴文(著)"ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく"です。

ベンチャー企業に内定しており、まだ読んでないという方にはぜひ読んでいただきたい!
 
おそらく一緒に働く人の誰かしらはホリエモンの本を読んでいると思うので、共通の話題ができるかもしれません。
 
本著の構成は自伝的です。
 
教科書的に淡々と伝えられるより、ストーリーで"仕事とは何か"を追いたいという方に向いています。
 
彼のルーツを知りながら、希望を失ってもなぜ"ゼロ"から働くのかという正直な気持ちを知ることができますので、堀江さんのファンでない方にも親しみやすい内容ではないでしょうか。
 
新社会人だけでなく、何かを新しく始めたい方にもおすすめです!

まとめ

新社会人・就活生におすすめのビジネス本3冊の紹介でした。
 
みなさんどの著書が気になりましたか?
 
新社会人はもちろん、親から子へ、上司から新卒へ…ベテラン社会人からの贈り物にとしても素敵だと思います。
 
社会人になりたての時期は、自分の好きなことをする時間をどのように割いたら良いかも考えてしまいがちです。
 
でも、読書が好きな方であれば、今まで小説だったものを経営者の自伝やビジネス書に変更するだけで、仕事のインプットの時間と考えられるため、精神的に楽だと思います!
 
通勤時間にもできる趣味としてぜひ試してみてください。
 
また、本は社会人のコミュニケーションツールにもなります。
 
私は、憧れの女性上司が読んでいるビジネス本を真似して全部読んでました。
 
自分もその人に近づけた気分になれますし、「あの本読みました!」と感想交換して仕事感について話すこともできるので、この方法もおすすめです。
 
あなたの居場所はどこにでもあるので、大丈夫です!
 
まずは沢山悩んで、沢山動いて、その時にしかできない体験を楽しんでみてください。

関連動画

ぜひ、"ベルりんの壁"の記事を各ブログで紹介していただけると嬉しいです!

コメント、チャンネル登録もよろしくお願いします!
 
それでは、ごきげんよう。

コメントを残す

関連キーワード
書評, の関連記事
  • 新社会人・就活生におすすめのビジネス本3選!【本の紹介】
  • 【書評】鈴木るりか著|さよなら、田中さん「いつかどこかで」ネタバレ感想
  • 【書評】直木賞候補!セカオワSaoriの小説"ふたご"の感動セリフ集
  • 2018年おすすめ本ランキング20!芥川賞、ノーベル賞、映画化作品も【書評】
  • 【書評】紗倉まなの小説「最低。」が最高だった!あらすじ感想
  • 【書評】はあちゅうの小説「通りすがりのあなた」これは恋愛?友情?
おすすめの記事
Blog
ごきげんよう、文学YouTuberのベルです。 エッセイを書いています。 目次1 革命が寝かせない2 解説2.1 関連動画 革命が寝かせ...